ゴール

自分にとってのゴールを考えてみた

ゴール、それは死ぬことじゃなくて、自分がどんな幸せを掴んでいるかということ

思い描いてみた

明るい日差しの入る家で幸せに穏やかに過ごしている

というイメージが湧いてきた

これが私の思い描く幸せ

そこには勿論家族がいるけれど、子供がいるかどうかまでは分からない

というか、イメージの中ではいない

それがゴールでいいのだろうか?とちょっと疑問にも思った

昔描いた自分像をちょっと思い出してみた

確か、日記だかに書いたのを覚えている

それは、人間的に大きく成長すること。と書いた覚えがある

今の私は若い時に描いていた自分像からは遠くはなれている

思い直してみた

人間的に成長して素晴らしい人間になるってどういうことだろう?と

私の幼児並の脳みそじゃ分からないけれど、やるべきことはあると思う

私は自己中心的に生きている。まぁ、それは人様になるべく迷惑がかからない程度に自己中心的

でもそれを少し変えられるものなら変えてみたいと思う

できるかどうかは分からないけれど、やってみようと思う

それは、人に与えること

何を与えるでもいい、大きな見返りを求めない。

全く求めないというと人間的になんだそれ、偽善じゃねーか的だし、そもそもそんな出来もしないことムリにやったって長続きできない

だから、自分の利益はほんの少しでいい

周り、家族や友人に与えられる利益があるなら少しでもいいから分けることが大事なんじゃないかと考える

利益は大事。

だけど、全部の利益を独り占めすると人間的にすご〜く嫌な人間になっちゃうような気がする

だから、自分の利益は少し確保して、残りは周りにお裾分け

そんな事できるのか!?

って思う。

でもそれは投資みたいなもんじゃないかとも考える

いつか分けた幸せが還元されればいいな、的な?

正直、私は自己中心的だから難しい

でも、やったこと無いのだから、できなくて当たり前

それを少しでもできたらそれはそれでいい

自分を変える第一歩になるのではないか

少しの変化の積み重ねで自分を変えていく

その積み重ねが積もり積もっていくと、私が若い時に思い描いた自分に少しは近づくのではないか、とも考える

そして、最終的には今の私が思い描くゴールに近づくのではないか、と

別に宗教とかそんなんじゃなくて、どっちかっていうとやっぱり利己的なところがあるのか、経済的に考えた時にこの考えに至った

ゴールを掲げてそのゴールにいかに近づけるか

幸せを残せるか

お金がなくて幸せな人もいるだろうけれど、私はそういうのを求めてるんじゃなくて

ちゃんと後世に幸せと財産を残せるか

そういうことをちょと考えてみた

金銭的な財産とはそこから骨肉の争いを生み出すこともある

それは嫌というほど感じている

そういうのなしに残せるか、というのも問題で、

そういうのを考えるとキリがない

でも、自分と家族が幸せになるためにはどうしたら良いか

って考えた場合、自分の利益ばかりを考えるんじゃなくて、相手のことを考えるっていうことが大事なんだということが今更ながら少しだけ気づいて

相手が何をしてほしくて、何を求めているのか

自分のことばかりじゃなくて、周りのことも少し考えてみて、それで経済的にも気持ち的にも幸せになれたら嬉しいのに

と思った

正直、自己中心的に生きてきた私には難しいー



相手が何をしてほしいか考えて行動する

自分の利益は少し、周りにもお裾分け



やってみよー

広告を非表示にする