まさかの!?

昨日のことですが、一昨日の三ヶ月健診に続いて小児科の方に行ってきました

この日は、以前もらった乳児湿疹の薬がなくなったので再びもらいに行ったのですが……

前回行った時は、秋口で空気の乾燥もなく、娘っ子の肌も少し乾燥気味だったのですが

ここのところの気温と湿度もあるのか、一気に湿疹がひどくなった印象

湿疹がひどくもあるんだけど、何よりも肌の乾燥が気になる

乾燥しすぎて、頭は粉吹いてるし、手足の関節は赤くなって炎症を起こしている

毎日頑張って保湿とか、薬とか塗っていたんだけど、その薬も切れたので、ということでした

しかし、そこに待っていたのは意外な展開(^_^;)

湿疹と乾燥がひどいので、もしかしたミルクアレルギーの可能性もあるから、と先生がおっしゃるので

採血をしてアレルギー検査をしようということになりました

しかし、生まれてわずか三ヶ月弱、血管は細くて難しそうだ(^_^;)

先生も針をさしたものの、一生懸命血管に通そうとするのだが、うまくいかず

わずか1分ほど探していたのだけれど、

やめましょう、採血は今は無理みたいなので、もう少し大きくなってから改めてやりましょう。その代わり、別の方法でアレルギーテストをしましょう

と仰るので、今度は太ももにマジックで番号を書かれた娘っ子

そこには1から順に、食塩水、ミルク、卵白、卵黄、小麦粉の成分の液を針で少しだけ傷つけたところに垂らして、15分ほど待った

そして20分後に確認したところ、なんと( ゚д゚)ハッ!

肝心のミルクではなく、卵白、卵黄、小麦粉が陽性反応を示していて、その番号のところが赤くなっている

これに相当なショックを受けたのは一緒に付き添っていた旦那(^_^;)

私は、まぁショックはショックであるんだけど、隣で打ちひしがれている人を見たら、落ち込むに落ち込めない(^_^;)

しかし、母としては離乳食前にそういう情報が得られただけでも結構ホッとした

要は、大人と同じような抵抗力というか、抗体が出来上がる3、4歳までに気をつければいいのではないのか?

まぁ、最悪一生アレルギーと付き合っていくとしても親が気をつけてあげればいいわけだし

今は昔と違って、卵も小麦粉も使わないケーキだってあるわけだし、実際そういうケーキ屋さんを知っているから別に不安はない

まぁ、ケーキだけじゃなく卵と小麦粉なんて使ってない食べ物を探すのは難しいかもしれないけれど、打ちひしがれている場合じゃないのだよ、旦那くん

これからどういう風に対策を立てればいいか勉強をしなくてはいけないのだよ

とりあえず、ミルクは反応なかったから急ぎでアレルギー対策をしなくていいわけだから、乳児湿疹と乾燥肌をケアしてあげるのが先だな

それからアレルギーの勉強をしなければね!

広告を非表示にする